着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

着物にはどんな素材があるの?素材の特徴を知って着物ライフをさらに楽しみたい

着物にはどんな素材があるの?素材の特徴を知って着物ライフをさらに楽しみたい

木綿

木綿は、肌触りが柔らかく、吸湿性に富んでいるのが特徴です。さらに麻と同じく、水に強いので、家庭で洗濯しても大丈夫です。木綿の欠点は、これも麻と同じく、しわになりやすいこと、そして縮みやすいことです。絹よりは若干滑りが悪いですが、気軽な街着として木綿のきものはぴったり!

ウール

ウールは、羊の毛から作られているだけあって高い保湿性が魅力です。さらに適度な吸湿性もあるので、型崩れもしにくいから着物初心者の方にもオススメ。ウールの欠点としては、虫の害にあいやすいこと。これを避けるためには、きものを保管するときに防虫剤を入れること。家庭で洗濯もできるし、お値段もお手頃ですし、一着持っていると重宝しますよ。

化学繊維

ナイロンやレーヨン、ポリエステルなどの化学繊維は、家庭で洗濯できるのはもちろんのこと、手入れも楽で価格もリーズナブル。水や摩擦にも強いのが特徴です。欠点は、吸湿性が少ないことや静電気がおきやすいこと。絹と比べると、風合いは劣りますが、ハイテク繊維も多くなってきているようです。

どんな場面できものを着たいか、何にこだわるかによって、きものに求めるものも変わってきます。きものの特徴を知ることで、自分にぴったりの素材を見つけてみてくださいね。

 

RELATED 関連する記事