手洗いをしっかりしよう!Japaaan

そりゃ祟りたくもなる…平安時代、毒親育ちの崇徳天皇が”最恐の祟り神”になってしまった理由

そりゃ祟りたくもなる…平安時代、毒親育ちの崇徳天皇が”最恐の祟り神”になってしまった理由

止まるところを知らない陰湿なイジメ

白河法皇が崩御すると、鳥羽上皇によるいじめはより一層表面化します。

画像引用:ウィキペディア

例えば鳥羽上皇は、20歳の崇徳天皇に対し、若干3歳の異母弟である近衛天皇に譲位するよう迫りました。しかし体の弱い近衛天皇は、わずか17歳で崩御。

すると鳥羽上皇は、後任として崇徳天皇を呼び戻すのではなく、崇徳天皇の弟である後白河後天皇を即位させています。

兄弟の直接対決と島流し 

崇徳天皇と弟である後白河天皇の関係性も破綻しています。鳥羽上皇崩御の際、崇徳天皇は葬儀はおろか、初七日の法要に参列することも許されませんでした。

後に保元の乱で、崇徳天皇と後白河天皇は直接対決しています。この保元の乱で崇徳天皇は惨敗し、朝廷に逆らった罰として島流しの刑を受けました。

画像引用:ウィキペディア

可愛さ余って憎さ百倍!?

讃岐国に島流しになってからというもの、崇徳天皇は写本に没頭しています。

ある日崇徳天皇は、弟のためにと5種類のお経を書き写した本を作成し、京都に届けました。ところが後白河天皇は、「呪いがかかった薄気味悪い写本だ。」と蔑み、突き返してしまいます。

これを知った崇徳天皇は怒り狂います。自ら舌を噛み切ると、その血で冒頭の文章を綴りました。

画像引用:ウィキペディア

自らの耳を切り落とした画家のゴッホにも通じるメンヘラぶり・・・。

こうして崇徳天皇は、生きながらにして妖怪天狗となったともされています。

冷遇されても家族を想い続けていたはずの崇徳天皇ですが、拒絶された途端に豹変する二面性もあったようです。

おわりに

昼ドラ顔負けのドロドロな家庭環境に生まれ、毒親の元に育った崇徳天皇。和歌を読んだり写本に没頭するなど文化に興じる穏やかさと、自傷行為と共に罵詈雑言を尽くして人を呪う猟奇的激しさ。

極端な二面性を内包した崇徳天皇は、その死後、祟り神となりました。しかし今では、悪縁を断ち切り良縁を結ぶご利益をもたらす神として祀られています。

崇徳天皇の魂を鎮めるために創建された白峯神社をはじめ、京都の有名な縁切り神社である安井金比羅宮が有名です。

切っても切れない悪縁を断ち切りたい!崇徳天皇の御霊を祀る「安井金比羅宮」

友人・恋人・家族・仲間etc……人間関係がこじれ「あの人と縁を切りたい!」という思いを抱えた人が、すがるような思いで訪れる神社・安井金比羅宮。悪縁を断ち切ってくれる神社として信仰を集め、全国か…
画像引用:安井金比羅宮

家族から縁を切りたいと望まれても必死に家族にしがみつき、忌み嫌われながらも受け入れられたいと願い続けた崇徳天皇が、縁切りと縁結びに携わる皮肉に、心が痛みます。

関連記事

妖怪伝説まで?「讃岐廃帝」とも呼ばれ、不遇のうちに亡くなった天皇・崇徳院とは?

崇徳院とはどんな天皇?平清盛が実権を握る直前の時代に、不遇の天皇がいました。「新院」「讃岐院」「讃岐廃帝」などとも呼ばれた、崇徳院です。鳥羽天皇と中宮璋子(待賢門院)の第一皇子として元永2…
 

RELATED 関連する記事