手洗いをしっかりしよう!Japaaan

「巌流島の戦い」の真実。宮本武蔵が倒した佐々木小次郎は70歳のおじいちゃん?

「巌流島の戦い」の真実。宮本武蔵が倒した佐々木小次郎は70歳のおじいちゃん?

日本を代表する剣豪「宮本武蔵(みやもとむさし)」

武蔵のエピソードとして最も有名なものといえば巌流島の戦いを挙げる人も多い。「佐々木小次郎(ささきこじろう)」との一騎討ちで有名なこの戦いだが、小次郎には老人説がある。

今回は、武蔵と小次郎が戦ったとされる巌流島の戦いについてご紹介する。

生誕日は互いに不明

宮本武蔵

1582年および1584年生誕説があるが定かでない。出身地にも岡山や兵庫説がある。少年期に徳川家臣である黒田家に仕官し、関ヶ原の戦いに従軍。黒田軍と共に九州への出陣であった可能性がある。

佐々木小次郎

1560〜1590年代の生まれと考えられている。出生地も曖昧であり、九州説や北陸説がある。安芸国(現在の広島県)で勢力を誇っておいた毛利氏に仕官した後、岩流と呼ばれる剣術流派を創始。剣術師範として活躍したという。

巌流島の決闘時の年齢

戦いが行われたのは1612年とされており(諸説あり)、武蔵は28~30歳程度であった可能性が高い。一方の小次郎だが、北陸生誕説では福井出身が濃厚とされる。剣術を剣豪・富田勢源(とだせいげん)に師事した説があり、勢源は北陸を本拠地とする朝倉氏に仕えていたことから筋が通る。

勢源が仕えた朝倉氏は信長によって1573年に滅亡している。小次郎が60~70年代に福井で剣術を身につけたのだとすれば、その時点である程度の年齢となる。巌流島の決闘時には、少なくとも武蔵より何回りも年上であった可能性が高い。

2ページ目 決闘の真相は

 

RELATED 関連する記事