ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

神奈川県が県内で飼育されている猫への「猫民カード」の発行を開始

神奈川県が県内で飼育されている猫への「猫民カード」の発行を開始

神奈川県が12日、神奈川県民(横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市の住民を除く)が飼育している生後6か月齢以上の猫を対象とした、飼い猫へのマイクロチップ装着の費用補助を行うと発表しました。

これは、マイクロチップ装着時の費用を最大で2,500円補助してくれるというもので、頭数は222頭まで。2月12日(水)〜3月31日(火)まで実施し、期間内でも予定頭数の222頭に達した時点で終了とのこと。

マイクロチップを装着することで、迷子になったとき、盗難にあったとき、災害にあったときなどの万が一の時に、飼い主を特定することが可能となります。

また、神奈川県とメディアパートナーのPECOのウェブサイトでは、神奈川県民が飼育している猫を対象に「猫民カード」なるものを発行中。登録料は無料。すでに発行されていた「犬民カード」も引き続き発行中です。

飼い猫へのマイクロチップ装着費用補助は、神奈川県獣医師会会員の協力動物病院(株式会社PECOのマイクロチップ装着率向上に向けたウェブサイトで公表)にて受けられます。

 

RELATED 関連する記事