手洗いをしっかりしよう!Japaaan

2月11日は建国記念の日!今から2680年前、日本を創った初代天皇・神武天皇の生涯

2月11日は建国記念の日!今から2680年前、日本を創った初代天皇・神武天皇の生涯

毎年2月11日は、建国記念の日です。

なぜ2月11日なのかと言うと、今から2680年前(辛酉BC660年)に神武天皇(じんむてんのう※)が、大和国橿原(現:奈良県橿原市)で初代の天皇陛下として即位された日付(旧暦の1月1日)に由来します。

(※)天皇陛下の位に就かれる前は若御毛沼命(わかみけぬのみこと-『古事記』)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと-『日本書紀』)などと呼ばれていたそうです。

そこまではご存じの方も多いと思いますが、今回は神武天皇がどんな生涯を送ったのか、ごくざっくり紹介したいと思います。

強敵との戦いや兄たちの死を乗り越え、日本を統一した神武天皇

神武天皇は天照大神(あまてらすおおみかみ)の5世子孫に当たり、庚午BC711年1月1日に日向国(現:宮崎県)で生まれたそうです。

45歳の時(甲寅BC667年)に日本の中心を統治するべく、兄たちと共に東国への遠征(東征)を開始。7年間の歳月をかけて北九州(筑紫国)、山陽地方(安芸国、吉備国)、南近畿(難波国、河内国、紀伊国)を攻略していきます。

道中、那賀須泥毘古(ながすねびこ)や兄宇迦斯(えうかし)&弟宇迦斯(おとうかし)兄弟と言った強敵たちとの対決、そして兄たちとの死別といった試練を乗り越えて、大和国橿原で即位。

2ページ目 127歳で崩御!?

 

RELATED 関連する記事