ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本の地層で初!地球の歴史の一時代が”千葉時代”という意味の「チバニアン」に正式決定

日本の地層で初!地球の歴史の一時代が”千葉時代”という意味の「チバニアン」に正式決定

日本の地層が初めて国際的な基準に登録されることになりました。

今回、正式に登録された時代の名称は「チバニアン」。ここ数年、ニュースでも度々取り上げられていたので、「チバニアン」という名称を聞いたことがある人も少なくないと思います。

千葉県市原市にあるおよそ77万年前の地層を、時代の境界の基準である国際標準地として「チバニアン」という名称で登録されたもので、77万4000年前から12万9000年前までの地質学上の時代を「チバニアン時代」というわけです。ちなみにこれまでは、「中期更新世」と呼ばれていた時代です。

千葉にある地層なので「チバニアン」の”チバ”は理解できますが、そこに続く”ニアン”とは一体どういう意味なのかというと、「チバニアン」はラテン語で「千葉時代」という意味なんだそうです。

国際的に認められた名称なので、今後は教科書にも「チバニアン」という文字が記載されていくことになりそうですね。

チバニアン誕生 – 市原市

 

RELATED 関連する記事