歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大河ドラマ「麒麟がくる」で川口春奈が演じる濃姫が、夫・織田信長に対してとった決死の行動

大河ドラマ「麒麟がくる」で川口春奈が演じる濃姫が、夫・織田信長に対してとった決死の行動

大河ドラマ「麒麟がくる」。物語において重要な役どころである濃姫役を、若手女優でありながら、人気、実力ともに申し分ない川口春奈さんが演じる事が発表され、ますます注目度と期待が高まっています。

さて、織田信長の妻となった濃姫には、ある逸話が残されています。謎も多い濃姫、前回に引き続き逸話などをもとに彼女の魅力に迫ります。今回はピンチの際に彼女が取った決死の行動をご紹介します。

前回の記事はこちら。

大河ドラマ「麒麟がくる」で女優・川口春奈が演じる信長の妻「濃姫」とはどのような人物?

大河ドラマ「麒麟がくる」。物語において重要な役どころである濃姫役を、若手女優でありながら、人気、実力ともに申し分ない川口春奈さんが演じる事が発表され、ますます注目度と期待が高まっています。さて…

信長に嫁いだ濃姫

さて、濃姫の父である斎藤道三と敵方の武将、織田信秀が同盟を組むために、結婚適齢期となっていた濃姫が織田信秀の嫡男、織田信長のもとに嫁ぐことになりました。ちなみに、濃姫はもともと帰蝶という名で呼ばれており、織田家に嫁いだタイミングで、美濃から嫁いできた姫君という意味で濃姫と呼ばれるようになったと伝わります。

2人の新婚生活が始まってしばらくすると、夫である信長が夜な夜な布団を抜け出して、どこかに出ていくようになってしまいます。新妻・濃姫がこれに気が付かないはずがなく、信長は新婚なのにもう新しい女を作ったか!とモヤモヤ。

しかしその行動をやめようとしない信長に対して、ついに我慢できなくなった濃姫は「アンタ毎晩どこ行ってんのよ!」と問いただします。はじめはごにょごにょばつが悪そうにごまかしていた信長ですが、濃姫のあまりの諦めの悪さに、ついに真実を語ります。

2ページ目 濃姫が取った行動とは・・・

 

RELATED 関連する記事