歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

武田信玄が織田信長に宛てた感謝の書状が発見されました「お味方くださるとのこと、頼もしく存じます」

武田信玄が織田信長に宛てた感謝の書状が発見されました「お味方くださるとのこと、頼もしく存じます」

戦国時代の武将・武田信玄が、同じく戦国武将として知られる織田信長に宛てたとされる書状が発見されたと、NHKニュースが伝えています。

戦国武将の武田信玄が、織田信長に宛てた書状が新たに見つかりました。上杉謙信といくさになった場合に、信長が味方につく意志を示したことに対する感謝の気持ちが記され、専門家は「当時の2人の関係を直接知ることができるインパクトのある発見だ」と指摘しています。
(NHKニュース)

今回発見された書状は、信玄と上杉謙信との間の停戦が破棄された元亀元(1570)年ごろに書かれたものと見られており、信長が味方につく意思を示したことに対する感謝の気持ち、

「どのようにお礼をしてよいかわかりません。越後と甲斐が戦いになったら何をおいてもお味方くださるとのこと、頼もしく存じます」

といった言葉が記されているそうです。

この書状からもわかるように、当時は信玄と信長は友好的な関係だったものの、最終的には敵対することになったわけですが、直接対決することはありませんでした。

調査を行った教授によると、現在まで残っている信玄から信長に宛てた書状は少ないそうで、2人の関係を直接知れる貴重な資料だとしています。

信玄から信長へ 感謝を記す書状 発見 – NHKニュース

 

RELATED 関連する記事