アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本酒の蔵元「沢の鶴」と13名のアーティストによるアートラベルのコラボが実現!

日本酒の蔵元「沢の鶴」と13名のアーティストによるアートラベルのコラボが実現!

2020年1月15日(水)から、伊勢丹新宿店メンズ館「ART UP」で、創業300年を越える日本酒の蔵元である「沢の鶴」と、様々なジャンルの総勢13名のアーティストがコラボレーションした 「THE ART LABEL SAKE プロジェクト」が開催されます。

本プロジェクトは、総勢13名のアーティストと沢の鶴による”アートラベル”を通したコラボプロジェクトで、アートと日本酒がつながることで生まれる新たな可能性を見せてくれそうです。

日本酒業界で新たな挑戦を続ける沢の鶴と、その思いに共鳴したアーティストたちが織り成す作品の数々。各アーティストによるオリジナルの日本酒ボトルは購入も可能。またそのデザインのアート作品も展示販売されるそうです。

“THE ART LABEL SAKE プロジェクト” supported by sawanotsuru

会期:2020年1月15日(水)~ 2月4日(火)10:00~20:00
会場:伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内 “ART UP(アートアップ)”
内容:アートラベルボトル(全14種)の展示、およびそのアート作品(全13種)の展示・販売
参加アーティスト:伊藤桂司、宇野亜喜良、永井博、根本敬、ヒロ杉山、溝渕珠能、三原康裕、師岡とおる、Brandon Breaux、Danté Carver、RUMINZ、Toyameg、NO COFFEE

 

伊勢丹 新宿店

 

RELATED 関連する記事