観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

初詣だけじゃもったいない!千葉県「成田山新勝寺」参りの楽しみ方を紹介

初詣だけじゃもったいない千葉県成田山参りの楽しみ方

千葉県にある成田山新勝寺。元旦から3日で約300万人が初詣に向かいます。

成田山参りではお参りだけでなく、普段できないことも経験できます。今回は成田山を満喫できるよう、成田山新勝寺の魅力をご紹介いたします。

表参道で舌鼓を打つ

うなぎ屋さんで職人の技を見る

表参道には、たくさんのうなぎ屋さんが並んでいます。成田市の観光キャラクター「うなりくん」は、宇宙から来たうなぎなのだとか。

1910年創業の「川豊」では、職人さんが生きているうなぎを一匹30秒ほどでさばいている姿を見られます。つい足が止まってしまうでしょう。

米屋で一本1万円の羊かんを食べる

成田山新勝寺の表参道には、大きな和菓子屋さん「なごみの米屋總本店」があります。栗むし羊かんで有名なお店ですが、1本1万円で販売している羊かん「宵紫(よいむらさき)」を店内で食べるのもおすすめです。お店の中にある喫茶店「なごみ菓房」では羊かん一切れと抹茶をセットでいただけます。すっきりとしたクセのない上品な甘さで、海外から来た方にも好評のようです。

成田山公園を散歩する

公園を探検する

公園内には西洋庭園や滝、書道美術館などがありますが、おすすめは「浮御堂」です。
池の鯉が泳いでいるところが見られだけでなく、手を叩くと鯉が寄ってくるので写真を撮ったり、のんびり座ってくつろぐ人が多いようです。

四季の変化を楽しむ

成田山新勝寺の大本堂の奥には、成田山公園があります。園内は、東京ドームが約3個半入ってしまうくらいの大きさです。

梅が咲く2月中旬から3月中旬ごろには梅まつり、11月中旬ごろには紅葉まつりが開かれ、大勢の人が参加します。

桜、梅、藤、菊、もみじなど、季節ごとに異なる公園の表情を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

2ページ目 成田山新勝寺で見られる歌舞伎

 

RELATED 関連する記事