エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

知る人ぞ知る永井豪マジンガーシリーズ3弾「UFOロボ グレンダイザー」が連載時のままで刊行!

知る人ぞ知る永井豪マジンガーシリーズ3弾「UFOロボ グレンダイザー」が連載時のままで刊行!

漫画家・永井豪さんによる「マジンガーZ」「グレートマジンガー」に続くマジンガーシリーズの第3弾である、知る人ぞ知る「UFOロボ グレンダイザー」が、初の「B5判・全カラー扉絵再現・雑誌オリジナル版」で刊行されることになりました。

「UFOロボ グレンダイザー」は昭和50年(1975年)に「テレビマガジン」で連載が始まった漫画で、昭和50年〜52年までアニメ放送もされました。

幾度かコミックス化されているグレンダイザーですが、そのすべては加筆修正が加えられたものになっていたそうで、今回刊行されるものは、昭和50年〜52年の「テレビマガジン」連載時のオリジナル版となり、前半8話の永井豪オリジナル版に加え、9~18話(最終話)プラス番外編(増刊号掲載)の岡崎優版までを完全収録。

巻末には「テレビマガジン」連載時のカラー口絵解説も新たに収録しているとのこと。

あらすじ:
マジンガーZの搭乗者・兜甲児が偶然出会ったデューク=フリードという一人の青年。彼の正体は恐星大王ベガに滅ぼされたフリード星の王子だった。地球に逃れ、宇宙科学研究所の所長の息子、宇門大介としての生活を送るが、全宇宙制服を企むベガの魔の手は地球にも迫っていた!地球を守るために、デューク=フリード・宇門大介は、封印していたUFOロボ グレンダイザーを発進させるのだった!

仕様:
全1巻/ソフトカバー/372ページ予定/カラーページ全再現/全扉絵収録/巻末にギャラリー、口絵解説収録など

「UFOロボ グレンダイザー 1975-77 [初出完全版]」は、復刊ドットコムにて予約受付中。配送は2020年1月を予定しています。

(c)2020 Go Nagai・Yu Okazaki/Dynamic Production
First Published by Kodansha 1975

 

復刊ドットコム

 

RELATED 関連する記事