グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

蜜のように濃厚でとろける甘味。ラグジュアリー日本酒「天彩」の2019年版が発売へ!

蜜のように濃厚でとろける甘味。ラグジュアリー日本酒「天彩」の2019年版が発売へ!

2018年にスタートした、「100年誇れる1本を。」をテーマに掲げる高級日本酒ブランド「SAKE100」による第3弾商品の、再現不可能なラグジュアリー日本酒「天彩(あまいろ)」の2019年醸造の新ロット商品が発表されました。

ラベルが美しい。

第3弾商品「天彩(あまいろ)」は、日本酒は食中酒として捉えられることが多い中、”デザートSAKE”という新しい日本酒の楽しみ方を提案する商品。日本酒とは思えないほど濃密で甘美な味わいが特徴で、この甘味を際立たせかつ飽きのこない飲み心地をもたらす独特の酸味をもっています。

ふくよかな旨みと永く続く余韻も楽しむことができ、まさに”高級日本酒ブランド”にふさわしい完成形の日本酒となっています。

「天彩(あまいろ)」は”再現不可能なラグジュアリー日本酒”と銘打って発表されているのですが、独自の醸造法のために、製造ロットごとに少しずつ味わいのニュアンスや成分値が変化するそうです。

「天彩」を醸造する美吉野醸造(奈良県)は、自然の循環に逆らうことのない持続可能な酒造りに取り組んでおり、アルコール発酵に必要な酵母を人工的に添加せず、自然に存在する酵母を取り入れる醸造方法を用いているそうです。

2019年の醸造では、前年に比べて温暖な気候のもと、発酵が活発に進み、後味のキレが増し、味のバランスがより整ったものにしあがっているとのこと。

日本酒好きであれば家にとっておきの銘柄がいくつかストックされているかと思いますが、”デザートSAKE”という、これまでとはちがった提案の日本酒「天彩(あまいろ)」を一本、コレクションに追加してみるのもいいかもしれませんね。

「天彩(あまいろ)」は「SAKE100」のECサイト限定で11月25日(月)に発売。価格は500ml 7,300円(税込・送料別)です。

「天彩 -amairo-」- SAKE100

 
 

RELATED 関連する記事