観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

皇居ランナー必見!知って走ればもっと楽しい江戸城の門 奥女中が行き来した通用門「平川門」 -皇居ランナー必見!江戸城の門を紹介4

奥女中が行き来した通用門「平川門」 -皇居ランナー必見!江戸城の門を紹介4

東京のどのエリアからもアクセスが良く、オフィス街からも近い皇居外周路は、日本で最も有名かつ人気の高いランニングスポットのひとつとなっています。昨今のランニングブームもあり、皇居ランナーは年々増加傾向にあるのだそう。

皇居外周にはいくつかの門があり、距離の目安にもなっているようですが、さて、ランナーの皆さん、その門の歴史をご存知でしょうか。実は何気なく走りすぎている方も多いのでは?

しかしながら、スルーしていたあの門も、あの門も、元を辿れば400年の歴史を誇る江戸城の門なのです。門の歴史を知れば、走るのがもっと楽しくなるかもしれません。

平川門

「皇居ランナー必見!知って走ればもっと楽しい江戸城の門」、皇居東御苑の入り口の一つ、大手門を超えた今回は、平川門をご紹介します。

平川門は、大手門と同じく、皇居東御苑の入り口の一つです。大手門よりは比較的空いている印象ですが、同じように枡形門となっており、美しい高麗門と重厚で堅牢な櫓門を目の当たりにすることができます。

今でこそ気軽に見学する事ができますが、もともとは江戸城三の丸の正門で、徳川御三卿の田安・一橋・清水の各徳川家の登城口でした。また、大奥に最も近く、奥女中が行き来した通用門として「お局御門」とも呼ばれていました。

2ページ目 春日局が門限に遅れここで一夜を明かした?

 

RELATED 関連する記事