歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

いまだ謎に包まれた死。幕末の美男役者・八代目 市川團十郎はなぜ32歳で自殺したのか?その2

いまだ謎に包まれた死。幕末の美男役者・八代目 市川團十郎はなぜ32歳で自殺したのか?その2

幕末に、稀代の美貌を持つ大人気歌舞伎役者がいました。8代目市川團十郎です。彼は人気絶頂のさなか、32歳で自ら命を絶ちました。あまりにも突然であり、本人が何も語らずに亡くなったため、その死はいまだに謎に包まれています。

前回に引き続き、8代目市川團十郎の生い立ちや境遇を辿り、その謎を考察します・・・。

前回の記事はこちら

謎に包まれた死。幕末の美男役者・八代目 市川團十郎はなぜ32歳で自殺したのか?その1

幕末に、稀代の美貌を持つ大人気歌舞伎役者がいました。8代目市川團十郎です。彼は人気絶頂のさなか、32歳で自ら命を絶ちました。あまりにも突然であり、本人が何も語らずに亡くなったため、その死はいま…

複雑な家庭環境

前回ご紹介したとおり、8代目團十郎は、文政6年(1823年)に実父である7代目市川團十郎の長男として江戸に生まれました。

7代目團十郎は成田屋らしい豪快な芸を披露して江戸歌舞伎の大権威として絶大な人気を博しましたが、芸風だけでなく、私生活も非常に贅沢華美を極めた人物でした。

彼には8代目團十郎を生んだ正妻のほかに、2人の妾がいました。正妻に関しても2回再婚していますから、7代目團十郎は生涯で5人の妻を娶っていたわけです。精力盛んで、8代目團十郎を筆頭に子供が12人もいたため、自分でもふざけ半分自虐半分に「寿海老人子福長者」と名乗るほどでした。

そんなわけで、團十郎家が4代目から代々住んでいた深川の島田町の実家は、傍から見れば華やかな役者家族でしたが、内実は7代目團十郎、正妻、妾2人、腹違いの12人の子供たちという、8代目團十郎にしてみれば超複雑な家庭環境でした。

これだけの人数がひとつ屋根の下に暮らしていたのですから、家庭内の揉め事も絶えなかったようです。

2ページ目 天保の改革で大打撃

 

RELATED 関連する記事