ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まるで薬味!?わさびや紅葉おろしから着想を得たスキンケアが資生堂から登場

まるで薬味!?わさびや紅葉おろしから着想を得たスキンケアが資生堂から登場

資生堂の若年層向けスキンケア「WASO」から、とても面白いものから着想を得た商品が発売されました。それが、、Tゾーン用化粧下地「ポアレス マット プライマー」と、目もと用美容液「アイ オープニング エッセンス」です。

まず「ポアレス マット プライマー(20g 3,000円[+税])」は、日本の代表的な薬味である”わさび”に着想を得たTゾーン用化粧下地。うま味を引き出すわさびのように、スッと気分まで引き締まるような香りと、色・テクスチャー。

わさびのようにほんのひと塗りすれば長時間続く、サラサラマット肌に。メイクの上からも使えるとのこと。

そして「アイ オープニング エッセンス(20g 3,000円[+税])」は、みずみずしい紅葉おろしのように新感覚のふわシャキ感な目もと用美容液です。冷感テクスチャーが広がり目もとをパッチリスッキリした印象に。

偏光パール入りの保湿ドロップ配合なので、瞬時にクマやむくみを目立ちにくくする効果もあるそうです。

日本特有の”薬味”に着想を得たという「WASO」の新商品2品は、10月1日(火)から全国のコスメショップ約40店、SHISEIDOオフィシャルサイト、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」で発売します。世界各国でも順次発売とのこと。

プレスリリース

 

RELATED 関連する記事