歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

あまりの人気ぶりにグッズまで販売!江戸時代の超スーパーアイドル「笠森 お仙」の凄まじき人気っぷり!

あまりの人気ぶりにグッズまで販売!江戸時代の超スーパーアイドル「笠森 お仙」の凄まじき人気っぷり!

今日の日本のエンターテイメントで「アイドル」は欠かせない存在になっていますが、江戸時代にも、今で言うところのアイドル的な存在の女性たちがいました。

江戸時代の遊郭の遊女や芸者さんたちが”プロ”のアイドルやモデル的な存在だったのに対して、”素人アイドル”的な存在だったのが、茶屋で働く「茶屋娘」です。

まさに江戸時代の素人アイドル!?その美貌に溺れる男が続出した水茶屋娘たちまとめ

現代では雑誌、テレビやインターネットが普及しているから、人気アイドルの写真や映像はすぐにチェックできますが、江戸時代はそうはいきません。でも、江戸時代にもアイドルは存在しました。では、どのよう…

今回はそんな茶屋娘の中でも、当時圧倒的な人気だった茶屋娘「笠森 お仙(かさもり おせん)」を紹介します。

人気絵師も大絶賛の笠森 お仙

「笠森 お仙」は、1763年(宝暦13年)ごろから水茶屋で働いていた女性で、働いていた茶屋は、江戸谷中の笠森稲荷門前に店を構えていた「鍵屋」。笠森稲荷門前のお店で働いていた”お仙”という名の娘なので、「笠森 お仙」よ呼ばれるようになりました。

江戸時代は茶屋と一言に言っても、待合茶屋、色茶屋、陰間茶屋などを筆頭に裏の顔を持つ茶屋もありましたが、お仙が働いていた「鍵屋」は、お茶、お菓子、お団子などを提供する健全な水茶屋です。

茶屋で売春?男色を売る男娼までいた?江戸時代には色んなタイプの茶屋があった

先日は、江戸時代に浮世絵などにも描かれるほどアイドル的な人気を誇っていた、茶屋で働く茶屋娘を紹介しました。[insert_post id=75359]茶屋はお客にお茶や和菓子を提供する喫茶…

お仙の人気はかなりのものだったそうです。当時は、庶民の娯楽として人気だった浮世絵の題材としてどれほど取り上げられていたのか?が、人気者のバロメータとも言えたかと思いますが、当時、美人画の人気絵師であった鈴木春信が、お仙をモデルにした多くの作品を残しています。

笠森お仙 鈴木春信 画

笠森お仙 鈴木春信 画

なお、鈴木春信がお仙を描いた作品がきっかけで、お仙の人気に火がついたとも言われています。お仙をモデルとした人気絵師たちの作品は庶民たちに大絶賛され、お仙をひと目見ようと、連日、鍵屋にファンが訪れていたそうです。

また、お仙は、当時同じく人気の高かった浅草寺奥山の楊枝屋・柳屋の「お藤」、二十軒茶屋の水茶屋・蔦屋の「およし」と共に、明和三美人としてもてはやされていたそうです。

2ページ目 人気はとどまることを知らず、わらべ歌にまで登場!

 

RELATED 関連する記事