歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

前世の記憶がきっかけで?平安時代のやんごとなき姫君と冴えない衛士の駆け落ちエピソード【二】

前世の記憶がきっかけで?平安時代のやんごとなき姫君と冴えない衛士の駆け落ちエピソード【二】

前回のあらすじ

前回の記事はこちら

前世の記憶がきっかけで?平安時代のやんごとなき姫君と冴えない衛士の駆け落ちエピソード【一】

皆さんは「前世」を信じますか?初めてのはずなのに、なぜか見たことがあるような風景や、会ったことがあるような人物など……。単なる気のせい、記憶違いなのかも知れませんが、もしかしたら、前の…

今は昔、武蔵国から衛士(えじ)として京都に駆り出されてきた一人の男。

故郷が恋しいあまり、ぼんやりと「酒甕に浮かべた瓢(ひさご)が風に吹かれる光景」を思い出し、ブツブツと呟いていたところ、それを聞き留めた誰かが衛士に声をかけたのでした。

「その光景、前世で見たやも知れませぬ」

「もうし、そこな衛士や」

声の主は女性のもので、そのさやかな響きから、聴いただけでやんごとなき方のそれと判ります。

「へへぇ、何でやしょう」

日ごろそんな方と言葉を交わす機会などないため、ぎこちなく答えて衛士が振り向くと、そこには皇女(天皇陛下の娘)にあらせられる姫宮さまがおわしました。

「その話、いま一度聞かせてたもれ」

酒甕に浮かべた瓢(ひさご)など、そんな下らない話などを姫宮さまがご所望とは、一体全体どうしたことか……それともアレか、あまりの下らなさに、何かお咎めでもなさるのじゃろうか……?

などと一人思いを巡らす衛士の様子を察したのか、姫宮さまは優しく微笑みかけられます。

「何もとって喰うたりなどせぬ……汝(な=あなた、の古語)が話した酒甕の瓢、何ゆえか妾(われ)も前に見たような覚えがあるのじゃ……」

そんなまさか、酒が呑みたければ女官に酌ませるご身分の姫宮さまが、厨房の酒甕や、まして粗末な瓢など、噂話に聞いたくらいならともかく、見る機会など……。

そう訝しむ衛士に、姫宮さまがこんなことを言い出しました。

「もしかしたら、前世で見た記憶やも知れませぬ……そうじゃ、百聞は一見に如かずと言うし、一度妾を汝が故郷へ連れてたもれ」

2ページ目 二人で御所を脱出、いざ武蔵国へ!

 

RELATED 関連する記事