ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

お茶を点てるように泡立てる。職人さんの手仕事で作られた熊野筆の洗顔セット「百年ブラシ」

お茶を点てるように泡立てる。職人さんの手仕事で作られた熊野筆の洗顔セット「百年ブラシ」

伝統工芸品 「熊野筆」。1975年に伝統工芸品の指定を受け、毛筆や画筆、化粧筆などさまざまな用途で人気の筆です。そんな熊野筆をつかった素敵な洗顔ブラシが登場です。

今回紹介するのは、お茶を点てる様に泡立てる熊野筆の洗顔ブラシ、そして陶器の器セット「HYAKUNEN BRUSH(百年ブラシ)」です。

”お茶を点てる様に泡立てる…” もうこのコピーだけで興味津々!

「HYAKUNEN BRUSH(百年ブラシ)」は、熊野筆と、泡立ちの良さに特化した江柄焼きの陶器の洗顔セット。筆、持ち手、陶器のすべてが職人による手仕事によって作られ、お茶を点てる様に泡立てます。

実際、日本の伝統文化である「茶道」から発想を受け作られたものなんだそうです。

「百年ブラシ」を使用することで、よく利用される洗顔ネットよりも濃密でキメ細かい泡が作れて、贅沢な肌心地が堪能できるとのこと。

ブラシと器を使うから「ちょっと手間がかかりそう…」と、気になる人もいるかも知れませんが、たった1分弱で濃厚な泡を作ることができるそうなのです。肌へのいたわりを考えれば1分弱なら早いものです。

洗顔フォームと固形せっけんのどちらにも対応していますので、今お使いのお気に入り洗顔料が引き続き使えるのも嬉しいですね。

日本の職人さんの丁寧な手仕事で作り上げられた、極上の泡を生む洗顔ブラシセット「HYAKUNEN BRUSH(百年ブラシ)」は、すべてが手仕事であること、そして材料に限りがありるため100個限定生産。現在、クラウドファンディングで支援を募っています。

 

お茶を点てる様に泡立てる熊野筆の洗顔ブラシ

 

RELATED 関連する記事