観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

昭和の大衆銭湯をイメージしたユニークな保護猫カフェ「ねこ浴場」がオープン!

昭和の大衆銭湯をイメージしたユニークな保護猫カフェ「ねこ浴場」がオープン!

昔なつかしい昭和の大衆銭湯をイメージした斬新な保護猫カフェ「ねこ浴場」がオープンしました。

「ねこ浴場」は、ネコを家族として迎えたい方と保護猫が出会うマッチングの場にもなっている猫カフェ。銭湯の風呂につかって疲れを癒やすように、猫と添い寝したり、ネコと触れ合うことで日々の疲れを癒してもらうというコンセプトなのです。

外観からすでに大衆銭湯を彷彿とさせるデザインですが、店内に入るとさらにそのテイストは濃くなります。銭湯といえば富士山を思い浮かべる方も多いと思いますが、ねこ浴場の壁には富士山が描かれ、貴重品は、昭和の時代に実際に銭湯で使われていたロッカーに。

ネコ部屋に持ち込みたい荷物は、昔なつかしのケロリン桶に入れて入室するというこだわりっぷり(笑)

ねこ浴場に敷かれた畳は、猫仕様にしつらえた特別な畳。畳にじかに座って過ごすことで、ネコと距離が近くなり、より猫との触れ合いが楽しめそうですね。

店内の猫たちはさまざまな事情で保護された家族のいない保護猫たちで、「ねこ浴場」から巣立ち、ずっと一緒に暮らせる家族との出会いの施設としても機能しています。

日本初の銭湯風保護猫カフェ「ねこ浴場」は大阪・心斎橋にオープン。大阪近郊にお住まいの猫好きさんはぜひチェックしてみてください。

 

ねこ浴場

 

RELATED 関連する記事