ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

プロ野球で優勝したチームが行う「ビールかけ」が初めて日本で行われた事情

プロ野球で優勝したチームが行う「ビールかけ」が初めて日本で行われた事情

プロ野球で優勝したチームの選手にとって、優勝祝賀会での「ビールかけ」というのは最大の楽しみのようです。毎日のように練習や試合をし、勝敗や個人成績など、結果を残していかなければならない選手達にとっては、ビールかけは唯一解放される瞬間なのかもしれません。

シャンパンファイトを日本風にアレンジ

ところでこのビールかけ、参加している選手達は楽しそうですが、やっているのは日本と韓国のプロ野球くらいで、野球の母国アメリカではビールではなくて「シャンパンファイト」が行われるのが普通です。それもそのはずで、実は日本のビールかけは、このシャンパンファイトを日本風にアレンジして取り入れたものだったのです。

日本のプロ野球の優勝祝賀会で、最初にビールかけを行ったのは「南海ホークス」(現ソフトバンクの前身)。1959(昭和34)年の日本シリーズでのことでした。当時は、旅館の大広間で行われた祝賀会でしたが、このときに、鶴岡監督の挨拶を長いと感じたハワイ生まれの内野手のカールトン半田選手が杉浦忠投手にビールをかけたのがその始まりだとされています。

どうやら、アメリカでもプレー経験のある半田選手が、ふと祖国のシャンパンファイトを思い出してビールをかけたというのが真相のようです。

2ページ目 当時の写真も残っています

 

RELATED 関連する記事