歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

屈辱に耐える苦行?こだわりを捨てる?お寺のお坊さんはなぜ坊主頭にしているの?

屈辱に耐える苦行?こだわりを捨てる?お寺のお坊さんはなぜ坊主頭にしているの?

お坊さんといえば、丸坊主に袈裟姿。その姿は、どんなに混雑した人ごみののなかでも、見つけることは容易です。そして、その姿を見ただけで、大抵の人は初対面でも、彼の職業までもが分かってしまいます。

ところで、お坊さんが出張授業などで学校などにいくと、学生に一番多く聞かれる質問のひとつが

「どうしてお坊さんは丸坊主なんですか?」

というものだそうです。

いわれてみれば不思議ですよね。「お坊さん」といっても、すべてのお坊さんが頭を剃っているわけではありませんが、お坊さんが頭を剃るのは、こんな理由があります。

屈辱に耐える苦行のため?

そもそも仏教の開祖はお釈迦様(ブッダ)。お釈迦様が生きた古代インドでは、丸坊主は最大の屈辱で、罪を犯した者に対する一種の刑罰でした。釈迦が修行に入るとき、自ら髪の毛を剃ったのは、丸坊主という屈辱に耐えるという苦行のためだったといいます。

また、仏教の目標が「苦」からの解放であるというのも、髪を切る理由の一つです。「苦」とはつまり「こだわり」。髪が無ければ、「髪型や髪の手入れに悩む」という煩悩からひとつ解放されるというわけです。つまり、お坊さんが頭を丸く剃る理由は、「余計なこだわりを持たない」という気持ちの表れなんですね。

2ページ目 頭を剃らないお坊さんもいます

 

RELATED 関連する記事