ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

手ぬぐいの用途が広すぎる!基本的な使い方から意外なアイデアまで紹介

手ぬぐいの用途が広すぎる!基本的な使い方から意外なアイデアまで紹介

最近は100円ショップなどでも、おしゃれな手ぬぐいが販売されていますよね。手ぬぐいとは木綿(もめん)でできた、90cm×35cmほどの大きさの布のことです。本来は手や体などを拭くものですが、用途はそれだけに限りません。

拭く

手ぬぐいの基本的な使い方は、その名の通り、手などを拭くことです。手ぬぐいをハンカチ代わりに持ち歩いてもよし。半分に切っておき、来客時におしぼりとして出すのもしゃれています。おもてなしのセンスが高そうに見えますし、ウエットティッシュの消費量も減って一石二鳥です。

台拭きや食器拭きとしても使えます。たくさん用意しておき、湿ったり汚れたりしたら洗濯機に入れ、新しい手ぬぐいを使えば衛生的です。手ぬぐいは薄いので、たくさんあってもかさばりません。カゴなどにまとめておくと、おしゃれに見えます。ボロボロになったら、雑巾にもできます。

2ページ目 包む・覆う

 

RELATED 関連する記事