アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

銭湯行きたくなっちゃう!訪れた銭湯を可愛いイラストでレポート「銭湯図解」が素敵

銭湯行きたくなっちゃう!訪れた銭湯を可愛いイラストでレポート「銭湯図解」が素敵

みなさんは銭湯に行ったことがありますか?最近では東京・北千住の人気銭湯「タカラ湯」を舞台にプロジェクションマッピングが投影されたり、銭湯スタンプラリーなどもよく耳にします。

ただ、一度も銭湯に行ったことがない人が一人で銭湯に足を踏み入れるというのは、なかなか敷居が高いものではないでしょうか。今回紹介する作品は、そんな銭湯への不安感をやわらげ、銭湯はワクワクする場所…と思わせてくれるようなとっても素敵な作品なんです。

その作品が「銭湯図解」

ほら素敵!

銭湯図解シリーズは塩谷歩波さんの作品で、訪れた銭湯のレポートをこのような素敵なイラストを添えて、Twitterを中心としたSNSで発信されています。

塩谷さんはイラストレーターであり、なんと銭湯の番頭さんでもあります。設計事務所で仕事をされていたことがあるそうで、休職中に銭湯と出会ったことがきっかけで、東京・杉並の「小杉湯」で働くことになったそうです。(参考: 朝日新聞デジタル

これまで公開された作品はTwitterのモーメントでまとめられていますが、どのイラストにおいても銭湯のレイアウトが詳細に立体的に描かれていて、ポイントをおさえた解説も素晴らしいのです。入浴したことがある銭湯の解説には「うん、そうそう!」となっちゃうと思います。

イラストのタッチは柔らかくほっこり感があって、銭湯にあまり行くことのない人も興味をもってしまうようなチカラと安心感があります。

まだ銭湯に行ったことがない人はファースト銭湯選びに、銭湯に行ったことがある人は次の銭湯選びに活用してみてはいかがでしょうか。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる