エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

東京を自由自在にプロジェクションマッピング「TOKYO CITY SYMPHONY」

東京を自由自在にプロジェクションマッピング「TOKYO CITY SYMPHONY」

10周年を迎えた六本木ヒルズが記念として「TOKYO CITY SYMPHONY」というサイトを一般公開しました。「TOKYO CITY SYMPHONY」はユーザ自身で東京の街を3Dプロジェクションマッピングにより彩ることのできるサービス。キーボードの簡単操作で音楽に合わせて東京を奏でることができます。

スクリーンショット 2013-05-07 10.14.55

スクリーンショット 2013-05-07 10.07.12
彩りを加える東京は「FUTURE CITY」「ROCK CITY」「EDO CITY」の3つから選ぶことが出来ます。

スクリーンショット 2013-05-07 10.08.06
各キーには様々なプロジェクションマッピングのデザインが配置されています。

スクリーンショット 2013-05-07 10.10.26
音楽に合わせてキーを押し、あなただけの東京を奏でることが出来ます。作成した東京はFacebookやTwitterでシェアすることが出来ますので、友達に作成した作品を気軽に見てもらうことも可能。

見事なまでの映像美に何度も何度も作品を作ってみたくなりますね。3Dプロジェクションマッピングは最近ではとても人気の高いイベントとなっていますが、東京駅のプロジェクションマッピングも記憶に新しいところ。そんなプロジェクションマッピングをブラウザから楽しめるサービスにしたTOKYO CITY SYMPHONY。素晴らしいですね!

また「TOKYO CITY SYMPHONY」のプロモーションムービーがYoutubeで公開されているますが、このムービーもお見逃し無く。1:1000サイズの東京のジオラマに投影されるプロジェクションマッピングは圧巻です。

追記: AdverTimesに制作者インタビューが掲載されていました。「東京を演奏する」サイトはこうつくられた――TOKYO CITY SYMPHONY制作者インタビュー #ブレーン | AdverTimes

[クリエイター]
クリエイティブ・ディレクター:大八木翼(SIX)
WEBディレクター:馬場鑑平(Bascule)
プログラマー:渡邊敬之(Bascule)
デザイナー:前田定則(Bascule)
映像ディレクター:TAKCOM
音楽作家:三浦康嗣(□□□)
3Dプロジェクションマッピング:寺井弘典、加島貴彦(P.I.C.S.)
プロジェクション/システム:橋本俊行、中野誠也、岸本智也(aircord)
六本木ヒルズ10 周年 ~ LOVE TOKYO ~ | TOKYO CITY SYMPHONY

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる