歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸幕府 14代将軍・徳川家茂と皇女和宮の夫婦愛が切なくて胸キュン♡

江戸幕府 14代将軍・徳川家茂と皇女和宮の夫婦愛が切なくて胸キュン♡

幕末の動乱の最中に江戸幕府14代将軍に就任した徳川家茂。彼の正室が皇女和宮親子内親王であることは有名です。

徳川家茂像(Wikipediaより)

出会うはずもなかった2人が結婚したきっかけは井伊大老の暗殺後、老中に就任した安藤信正らが提唱した「公武合体政策」。ペリー来航以来権威が失墜してしまった幕府は、朝廷と仲良しアピールで威信回復したい狙いがありました。その象徴として、江戸幕府将軍家茂と孝明天皇の妹である和宮、弱冠17歳の2人が結婚することになったのです。

和宮親子内親王の肖像画(Wikipediaより)

家茂は教科書でこそ取り上げられることは少ないですが、誠実で責任感のある好青年で、勝海舟も惚れ込むような立派な将軍でした。彼がプライドの高い和宮を尊重して、まめに手紙を書いたり、お土産をプレゼントしたり温良篤厚に接したので、和宮も心を開き、周囲も認める相思相愛の夫婦になりました。

成人した歴代将軍の中で、側室を1人も持たずに正室1人を大切にしたのは家茂だけでした。ちなみに和宮は想像妊娠するくらい家茂に惚れ込んでいたようです。

2ページ目 仲睦まじいい2人に悲劇が訪れます

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる