グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

老舗刃物メーカーのノウハウぎっしり!ふわふわなかき氷が家庭で作れちゃう「Kai House 本格かき氷器」

老舗刃物メーカーのノウハウぎっしり!ふわふわなかき氷が家庭で作れちゃう「Kai House 本格かき氷器」

あぁ、家でかき氷を作って食べてみたい…。

そんな方にぜひチェックしてもらいたいかき氷器を見つけました。今回紹介するのは、老舗刃物メーカーのノウハウが詰め込まれたかき氷器「Kai House 本格かき氷器」です。

刃物メーカーの貝印によるこちらのかき氷器、まず見た目がとてもシンプル。

かき氷器というと"氷"の文字が大きくあしらわれた、昭和時代を感じさせてくれるデザインをイメージしますが、ブラックとホワイトの2種類で展開される「本格かき氷器」では無駄を省いたデザインに。モダンなキッチンに置いておいてもマッチしそうですね。

家庭用のかき氷器でありながら、業務用ハイエンド仕様のかき氷器を目指したというこのかき氷器。刃物メーカーのノウハウを生かして氷を薄く削り出せるするどい刃を搭載し、力を同一に均一に伝える「ウォームギア」という構造を採用しているんだとか。これは業務用のかき氷器に採用されている構造とのこと。

そして気になるのが、かき氷の仕上がり具合ですが、氷を薄くふわふわに削りだせる刃付けが施されているから、専門店のようなふわふわなかき氷が楽しめるそうです。削っている時もハンドルを回すたびに氷が削られる心地よい感触が楽しめるとのこと。

子供達や友達を集めてみんなで作ったらすごく盛り上がりそう。「Kai House 本格かき氷器」はオンラインで16,200円(税込)で発売中。

ちなみに「家庭用かき氷器といえば!」の懐かしの"きょろちゃん"も復活を果たしてますので、こちらも合わせて要チェックです。

復刻されてる〜っ!レトロかわいい昭和な氷削り機「きょろちゃん」

なんて懐カワイイの!今なお根強い人気を誇る「きょろちゃん」、映画やテレビ番組の小道具としてもたびたび登場して、ネットオークション等でも注目度の高い手動式かき氷機です。昭和51(1976)年にキ…
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる