歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

怖や怖や!襲ったり食べたり、人間に危害を加える恐ろし妖怪たち

怖や怖や!襲ったり食べたり、人間に危害を加える恐ろし妖怪たち

人間に危害を加える恐ろしい妖怪たち

妖怪の中には人を驚かすだけでなく、時には人間に被害を与える妖怪もいました。例えば髪切りは、名前の通り人の髪を切る妖怪です。切られた方は、一体いつ切られたのかわからないそう。関東地方や三重県に、多く出没しました。

佐脇嵩之『百怪図巻』より「かみきり」

鎌鼬(かまいたち)は、つむじ風と一緒にきて人の足や腕を斬りつけるとか。これも髪切り同様いつ切られたのか気づかず、後から出血があり痛みを感じるのが特徴です。

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「窮奇」

水の中へずるりと引き込みます。

切りつけられるのも怖いけれど、どこかに無理やり引きこもうとする妖怪も恐ろしいですね。

引き込み系妖怪、最初にご紹介するのは千葉県によく出現した手長婆(てながばばあ)です。手が長くて、髪は白髪、いかにも恐ろしい風貌の老婆の姿をした妖怪です。いつもは水の底に棲んでいますが、水辺で子どもたちが遊んでいると長い手で水の中に引きこんでしまいます。

沖縄のカーカンローは、井戸に棲み、子どもが井戸をのぞきこむと井戸に引きずり込んだり、水面に映る影をとってしまうんだとか。陰を取られると死んでしまう、などのこわい言い伝えもありますから気をつけないといけません。

2ページ目 人を襲ったり、食べてしまいます。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる