日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

葛飾北斎は包装紙までもデザインしていた、お江戸のハイパーマルチクリエーター

葛飾北斎は包装紙までもデザインしていた、お江戸のハイパーマルチクリエーター

葛飾北斎は包装紙デザインもしていた

お買いものをして商品を包んでもらう包装紙や袋。質のいい包装紙は、包まれているモノの印象までよくなりますし、デザインのすてきな手提げ袋なんかは持っているだけで何だかいい気分になって、ついつい普段使いをしたくなっちゃいます。

江戸時代の浮世絵作者で有名な絵師の一人「葛飾北斎」。世界的にも有名な北斎さんは、なんと包装紙のデザインも手がけていたって知ってましたか?「江戸八景」と名付けられたこれらの絵はお菓子の包装などに使われていたようです。

江戸のイラストレーターでデザイナー

今でいうと、挿絵などを描くイラストレーター…といったところでしょうか?絵を描くことの大好きだった北斎さんは浮世絵を作るだけでなく、イラストの手本帳を作成するなど、幅広い絵の活動をしていたようです。

あんまり絵が好きすぎて部屋の掃除もそっちのけで描いていたので部屋が汚れすぎるとかたづけないで他の家に引っ越す…といった生活を繰り返していたのだとか…。

次ページ: 現代人からすると羨ましい!お菓子袋にも北斎の絵

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる