日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

葛飾北斎は包装紙までもデザインしていた、お江戸のハイパーマルチクリエーター

葛飾北斎は包装紙までもデザインしていた、お江戸のハイパーマルチクリエーター

お菓子袋に北斎の絵

そんな江戸のイラストレーター北斎さんが描いた包装用の絵、どうでしょうか?江戸八景の作品は、揃物とよばれるシリーズものとして描かれていたそうです。よく見かける北斎さんの富士山や大波を描いた風景画なんかとは違って、周りに枠が描かれていたり、文様が敷かれていたり…となんだかデザイナーっぽいお仕事ぶりです。

描いた当時は多分もっと色がはっかりしていたでしょうから、お店で買ったお菓子を入れて持ち運ぶと結構目立ったのでいでしょうか?どの絵にも「北斎」の名前が結構大きな扱いで描かれているのも面白いですね。

お菓子袋の大きさはタテ30センチ×ヨコ20センチ位の大きさが多かったようです。だいたいA4サイズのコピー用紙位の大きさで、持ち運びには丁度いいですね。

今なら北斎さんのイラストが描いてあるお菓子袋なんてプレミア必至かも。銀座あたりでこれを持って歩いていてもおかしくない気がしませんか?日本を訪れる外国からのお客さんも多くなっていることですし、日本を感じられるオシャレな包装や袋も増えるといいですね。
(画像出典:北斎展 図録より)

 

RELATED 関連する記事