歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

出会いの人気スポットは神社!?ナンパだってあった江戸時代の自由恋愛事情

出会いの人気スポットは神社!?ナンパだってあった江戸時代の自由恋愛事情

江戸時代の武家社会は、恋愛は自由にはできませんでしたが、庶民にとっては恋愛は自由なもの。身分が下がるほど、自由だったのです。では、庶民はどんな場で出会いがあったと思いますか?

庶民男女の定番の出会いスポットといえば

それは、神社参りです。神社の境内は、当時の出会いスポットでした。といっても、お気に入りの男性に女性からはアプローチしてはいけません。男性から恋文が届くのを、待っているのです。男性が直接意中の女性に手紙を渡すのが一般的で、女性の着物の袂(たもと)に恋文を入れ、人前で開けてはいけませんよとそっとささやくのだとか。時には、使いが届けたりお店の女将や女中が仲立ちすることもあったようです。

「神田明神 江戸名所図会」歌川広重

そして、手紙をもらったからには、女性からのお返事も必須です。字が汚いと、それだけで知性がないとうことに。字が美しいことは容姿よりも大事と言われ、内容は知性を映すと言われていたそう。恋文の書き方のハウツー本で学んだり、代筆をお願いすることもあったとか。気持ちを込めた手紙は、下女に託するのが一般的だったようです。恋愛のハウツー本があるのは、今も昔も変わらないのですね。

次ページ: 江戸時代だってナンパがありました

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる