グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今はアイスも和洋折衷!?独特な食感がクセになる「蜂蜜かりんとうアイス」が美味!

今はアイスも和洋折衷!?独特な食感がクセになる「蜂蜜かりんとうアイス」が美味!

@
2017/03/13

アイスクリームにカリカリ食感のかりんとう!?

アイスクリームと言えば、日本では明治時代に横浜の馬車道通りで「あいすくりん」として初めて販売された、いわば西洋文化の象徴と呼ぶべき、お洒落でハイカラなお菓子でした。

しかし近年、そのアイスクリームと和菓子がコラボした「和風アイス」が急増しています!

「抹茶アイス」「玉露アイス」「ほうじ茶アイス」などの和の風味のアイスだけでなく、その素材に和の素材が使われているものまで現れています。

その中でも、特に目を惹き付けられた、この「蜂蜜かりんとうアイス」。東京カリントとのコラボアイスなのです。

斬新で衝撃的なネーミングに、一体どんな味なのかと、思わず手に取りたくなってしまいました。

パッケージを開けてかじってみると、最初の一口からかりんとうの味と、かりっとした食感が口の中に広がります。それもそのはず、このアイスは本物のかりんとうを細かく砕いたものをアイスやチョコレートに混ぜ、周りのコーティングに使っているのです。

更に砕いたかりんとうは、内側のバニラアイスにも混ぜ込まれています。これによって、かりんとうの風味がしっかりと感じられるようになっているのです。

発売元は「井村屋」

この「蜂蜜かりんとうアイス」の発売元は、三重県津市に本社のある「井村屋株式会社」。「あずきバー」をはじめ、「焼きいもアイス」「たい焼アイス」「たまごアイス」「きんつばアイス」などの斬新な発想のアイスの他、各種中華まんじゅうやようかんなどを次々と世に送り出している、日本を代表するお菓子メーカーの1つです。

井村屋のウェブサイトには、「あずきについて」というコラムが連載されています。あずきの成分や、研究情報などに基づく健康効果などが、分かりやすく解説されています。

井村屋の主力アイスの中に「あずきバー」や「たい焼アイス」「きんつばアイス」など、あずきを使ったものが多いのも、納得ですね!

これからも、日本人が思わず手に取りたくなるような画期的なアイスをリリースしてくれることでしょう。

蜂蜜かりんとうアイス

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる