日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

可愛いタッチにほっこり!江戸時代の職業や庶民の暮らしぶりを描いた絵手本「諸職人物画譜」

可愛いタッチにほっこり!江戸時代の職業や庶民の暮らしぶりを描いた絵手本「諸職人物画譜」

江戸時代 安政6年に発刊された「諸職人物画譜(しょしょくじんぶつがふ)」(一需斎/其春 等 画)という古典席を紹介します。

諸職人物画譜は江戸時代の様々な職業の仕事風景が所狭しと描かれた作品で、仕事風景の他にも庶民の何気ない暮らしぶりが豊富に収録されています。

本書は当時の絵手本として制作されたもののようで、当時、絵師を目指す人たちはこう言った参考書を参考に技を磨いていたのでしょう。江戸時代の絵手本、画譜としては葛飾北斎の北斎漫画がとても有名ですよね。

諸職人物画譜のようなあまり知られていない絵手本でも今見るととても新鮮。本格的な作品とは違って簡略化されて描かれた感じが逆に味となり、ほっこりと和ませてくれます。

Japaaanでもこれまでにこういった絵手本・画譜ものは色々と取りあげてきました。尾形光琳をリスペクトしていた中村芳中の「光琳画譜」はユルふわ感全開でおすすめです。今見てもかなり楽しめますよ。人気絵師・歌川広重を制作に参加した「浮世画譜」に描かれた猫ちゃんの巻は今でもなかなか参考になるのではないでしょうか。

ARC所蔵・寄託品 古典籍データベース

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる