歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

戦国時代へ妄想タイムトリップ!?城好きにはたまらないスマホアプリ「ぽちっと深大寺城」

戦国時代へ妄想タイムトリップ!?城好きにはたまらないスマホアプリ「ぽちっと深大寺城」

「私達が支払った受信料の正しい使われ方!」と真田丸クラスタ達を狂喜させたのが、NHK大河ドラマ『真田丸』で再現された真田丸のオープンセット。戦国軍事考証&城郭研究家の西股総生さんと、城郭考古学者の千田嘉博さんという、日本トップクラスの時代考証の先生方、そしてVFXコーディネーター・深瀬雄介さんによる、渾身の真田丸の再現オープンセットでした。

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e4%b8%b8%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e4%b8%b8

画像出典:NHK大河ドラマ『真田丸』

この素晴らしい真田丸が、ドラマの中であっけなく1週間で取り壊されてしまったのは、本当に残念でした。。。

このクラスタ達の失望と、もうすぐ訪れる『真田丸』最終回後の喪失感を、少しでも和らげてくれるのが、今回ご紹介するアプリ『ぽちっと深大寺城』になるかもしれません。

この『ぽちっと深大寺城』、一言でいうと「戦国時代に築かれた城跡を楽しく歩ける」アプリ。今ではただの土の山と化したかつての城を復元イラストで再現。イラストの内容や、この位置にこの遺構がある理由などを丁寧に解説してくれます。

そしてさらに嬉しいのが、このアプリの考証をしているのが、先ほどもご紹介した真田丸の復元にも携われた、戦国軍事考証&城郭研究家の西股総生さんだということ。

%e8%a5%bf%e8%82%a1%e3%81%95%e3%82%93

画像出典:NHK大河ドラマ『真田丸』

『ぽちっと東国の城』は、西俣総生さんの著書『「東国の城」の進化と歴史』(河出書房新社)を元に、精密な城郭復元イラストによって、東京都調布市にある深大寺城を始めとする、東国の城14城をご紹介しているのです。

tougoku_ss_05

tougoku_ss_01

アプリのイラストを眺めながら「戦国の城って、こんな感じだったのか…」とイメージし、疑問に思ったところはイラスト上のポイントをタップ。するとそのポイントごとの説明を、城主との対話形式でわかりやすく解説。お城大好き女子が、戦国時代に元気よくタイムトリップして、あなたにの代わりに質問をぶつけちゃいます!

さらにピンチイン・アウトで復元イラストや縄張り図を自由に拡大表示して、見たい場所をじっくり確認することもできます!

%e8%a9%b3%e7%b4%b0

画像出典:ぽちっと深大寺城 – 復元イラストで戦国時代へトリップ

この無料おためし版『ぽちっと深大寺』のコンプリート解説を含む、東国の城14城を掲載した完全版アプリ『ぽちっと東国の城』は12月初旬リリース。価格は600円の予定です。

『ぽちっと深大寺城』HP

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる