日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

みんな大好き!国宝「鳥獣人物戯画」全巻がいよいよ一般公開されます!

みんな大好き!国宝「鳥獣人物戯画」全巻がいよいよ一般公開されます!

ウサギ、カエル、サルなどの動物が擬人化され、巻物に所狭しと躍動感あふれるタッチで描かれた国宝「鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)」。作品の歴史は知らずともその絵は見覚えがある人が多数でしょう。

1194px-Chouju_1st_scroll-01

1094px-Chouju_1st_scroll-03

愛くるしい動物たちの表情は現代にも受け入れられて、雑貨やファッションのデザインにも多く使われています。その鳥獣人物戯画の全巻がいよいよ一般公開されます。

Chouju_sumo2

鳥獣人物戯画は平安時代後期に成立したとされる甲巻、乙巻と鎌倉時代の丙巻・丁巻の全四巻からなる作品で、いまだに作者は不明のままです。(鳥羽僧正覚猷 作との説もあり)

Chouju_thief

京都市の高山寺に伝わった巻物ですが、現在は東京国立博物館と京都国立博物館にて保管されています。平成21年に鳥獣人物戯画の修復が決定し、4年がかりで修復が行われました。そしてこのほど修復された鳥獣人物戯画が一般公開されるということです。

修復後の作品公開は今回が初で、京都国立博物館の展示会「国宝 鳥獣人物戯画と高山寺」展でお披露目となります。

現代の漫画と類似する手法を用いた場面もあることから「日本最古の漫画」と言われることもある鳥獣人物戯画。大人も子供も楽しめる国宝というのはなかなか珍しかったりもしますので、是非この機会に目にしてみたいものですね。

「国宝 鳥獣人物戯画と高山寺」展

会期: 2014年10月7日(火)〜11月24日(月・休)
会場: 京都国立博物館
イベントの詳細はこちらから

鳥獣人物戯画 – Wikipedia

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる