ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

手元供養がアツい!眺めるほどに笑みがこぼれるかわいい骨壺『Sourire』

手元供養がアツい!眺めるほどに笑みがこぼれるかわいい骨壺『Sourire』

「『かわいい』をテーマとした色合いとデザイン」。

近年、どんな分野に於いてもよく耳にする言い回しではあります。が、この言い回しが骨壺に適用されると、どうでしょう。かわいい色合いの、骨壺。かわいいデザインの、骨壺。「何だそれは」という気もしますが、そんな気がする前に現物が世に出てしまってました。ガラス仏具・モダン仏具の通販を手掛けるBee-Sさんが扱われているガラス骨壺『Sourire(スーリール)』が、そうです。

kotu-01
遺骨ペンダントなどのいわゆる手元供養アイテムにあたるこちらのお品、メインターゲットは明確に、女性。文字通り『かわいい』をテーマとした色合いとデザインになってて、確かに見るからにそっち系です。フランス語で「微笑み」を意味する「Sourire」を名前にしてるだけあって、骨壺ながら、眺めるほどに笑みがこぼれてしまう仕上がりになってます。

kotu-02
ベテランの国内ガラス職人さんがひとつひとつ手作りしてるため、ぬくもりもたっぷり。デザインや仕上げのみならず、そもそものサイジングも飾ることを重点におかれてるため、普通の部屋にインテリアとして置いてもごく普通にマッチしそうです。ちょっと前まではピンク1色の展開だったそうですが、今月から新色としてオレンジとスカイブルーが登場。スカイブルーとか、男性向けと言えなくもありません。デザインはしっかり、かわいいけど。

kotu-03
世の中が変われば、供養の形も変わる。最近は葬儀やお墓の形も大きく変わりつつありますが、骨壺もまた、こんな感じでどんどんかわいくなったり、あるいは別の何かへ変化したりするのかも知れません。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる