ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今年は ”豆女(まめじょ)” がくる?豆腐マイスターを最年少取得、豆女とは

今年は ”豆女(まめじょ)” がくる?豆腐マイスターを最年少取得、豆女とは

「お豆腐」 ーー 日本料理を語るうえでは決して外してはいけない食材です。お味噌汁はもちろんのこと、夏には冷や奴、冬には湯豆腐や鍋の具材しても大活躍です。ダイエットでご飯の変わりにお豆腐を…なんていう話もよく聞きますよね。

豆腐マイスターがいます。

一口に「豆腐」といっても、これまた沢山の種類があります。身近なものほど知らないもんだなぁ、と気付かされます。例えば、以下の問題に即答できますか?

「50円の豆腐と300円の豆腐は何が違うんだろう?」
「豆腐に使われてる国産大豆の自給率は?」
「油揚げ消費量NO.1は何県?」

これらの知識を学び、豆腐の選び方/使い方/作り方を身に付けていける「豆腐マイスター」なるものがございます。【豆腐編】【おから・豆乳編】【油揚げ・がんも編】【手づくり豆腐編】とパートが分かれています。これは豆腐を掘り下げていけそうな内容です。

豆腐マイスター認定講座|豆腐のことなら全豆連

そして「豆女」がいます。

そんな豆腐マイスターを最年少で取得したのが、くどうしおりさん。通称、豆女(まめじょ)です。最近では『ヒルナンデス(日本テレビ)』のテレビ出演等、豆腐にかぎらない豆の魅力を伝える活動に取り組んでいます。

(「まめちゃん」というマスコットキャラクターもいます)

まだ大学院生であり、日本語教育に取り組んでいたり、アイルランド留学経験をしているのが、どのように豆の活動に影響しているのかが気になるところです。

“豆女”の友人が書いた記事があるので、詳しくはこちらをご覧ください。
豆女 : ハチナナ・ハチハチ [8788.blog.jp]

豆女が使うフレーズにこんなものがあります。「ありが豆(とう)ございます!」なんだかほっこりしますよね。ちょっと流行ってほしいくらいです(笑)

最後までお読みいただき、ありが豆ございます!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる