ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

手塚ファン要チェック!鉄腕アトムやリボンの騎士の世界を表現した郡内織の晴雨兼用傘が新発売

手塚ファン要チェック!鉄腕アトムやリボンの騎士の世界を表現した郡内織の晴雨兼用傘が新発売

全国的に梅雨シーズンに突入し、気持ちがちょっぴり沈みがち…。そんなときは、お気に入りの雨グッズを見つけて梅雨を楽しんじゃいましょう♪

漫画家・手塚治虫さんの生誕90周年を記念して、手塚作品の世界を表現した傘「手塚治虫生誕90周年記念  郡内織 晴雨兼用折りたたみ傘(晴雨兼用)」が登場しました。

晴雨兼用の郡内織傘は、江戸時代から続く老舗の織物屋であり、皇室御用達傘メーカーへのデザイン・生地提供を行なっている槙田商店と日本名作倶楽部による傘。傘の名称にもなっている「郡内織」とは、山梨県の郡内地域(大月市、上野原市、都留市、富士吉田市、西桂町など)で織り出される織物の総称。

南蛮渡来の絹織物「海気」の生産が郡内で盛んになった明治期には「甲斐絹」の当て字が生まれ、全国にその名が知られました。戦後は甲斐絹と区別して「甲州織」の名でも知られています。

手塚治虫生誕90周年記念として発売される傘は、名作「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ユニコ」の3作品を、伝統工芸技術で表現しています。

鉄腕アトム、リボンの騎士の傘にはキャラクターを大きく大胆にあしらい、それぞれの世界観を表現。ユニコの傘には、愛らしいユニコをさりげなくちりばめ、ポップでカジュアルなデザインに。

鉄腕アトム

リボンの騎士

ユニコ

各作品ごとに2カラーでの展開で、価格は22,000円。雨の多い梅雨時はもちろんのこと、晴雨兼用だから夏の暑い時期には日傘としてぜひ使ってみてはいかが?

 

日本名作倶楽部- ショップチャンネル

 

RELATED 関連する記事