ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

普段使いにピッタリ!日本製にこだわった素足感覚で履けるデニム素材の足袋スニーカー登場!

普段使いにピッタリ!日本製にこだわった素足感覚で履けるデニム素材の足袋スニーカー登場!

数年前であればマイナーだった、足袋のカタチをしたスニーカー「足袋スニーカー」。テレビドラマをきっかけに話題になってから、「足袋スニーカー」を手がけるブランドが増えているように感じますが、今回は、裁断から縫製まで全て日本製にこだわって作られたデニム製の児島ジーンズの足袋スニーカーを紹介します。

こちらの足袋スニーカーは、クラウドファンディングのMakuakeで6回目のチャレンジとなるプロジェクトを展開している児島ジーンズの足袋スニーカー。

生産は岡山県倉敷市の老舗の野球のスパイク工場で行なっており、前述の通り裁断から縫製まで全てを日本で行っており、その為、大量の生産には不向きですがとても丁寧な仕上がりが特徴。

足袋スニーカーには、指に窮屈感が無いために指の自由度が高いことや、素足感覚で履ける、足指で地面をつかむように歩行運動することができるなどの特徴がありますが、この特徴は健康的なカラダづくりにつながると言われており、児島ジーンズの足袋スニーカーも同様の特徴を持っています。

ケブラーデニムがメイン素材に使われており、タンの部分には牛革で児島ジーンズロゴがあしらわれています。まるでデニムパンツを思わせるコンビネーションはカジュアル感に溢れ、普段使いにぴったりですね。

紐締めではなくマジックテープでワンタッチで締められるようになっており、グリップ力が強い肉厚なソールを採用。デザインだけではなく履き心地にもこだわりが感じられる点はうれしいですね。

デニム地で主張しすぎないデザインはさまざまなスタイリングと相性が良いのではないでしょうか。足袋スニーカーデビューの一足にいかが?

児島ジーンズの足袋スニーカーはクラウドファンディングのMakuakeで支援を募っています。価格(支援額)は19,440円から。

 

裸足感覚で履ける Japan Made の「足袋スニーカー」

 

RELATED 関連する記事