歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

白鵬が日本国籍取得へ?大相撲の「親方」になる条件と、親方になった外国人力士を紹介

白鵬が日本国籍取得へ?大相撲の「親方」になる条件と、親方になった外国人力士を紹介

横綱・白鵬が日本国籍取得へ!

横綱・白鵬がモンゴル国籍を離脱し、日本国籍取得へと動き出したニュースが話題となっています。

既に2019年4月の時点で幕内最高優勝42回を飾り「大横綱」と呼ぶにふさわしい実績を残している白鵬は、引退後に「一代年寄(現役時代に著しい功績を残した力士が引退後、現役名のまま親方になれる)」を贈られる可能性が高く、元横綱・稀勢の里の荒磯親方とともに今後の相撲界を引っ張っていく存在になるのでは、と期待が高まっています。

日本相撲教会に「親方」として残るためには、いくつかの「条件」があります。

「親方」になるための「条件」

一例を挙げると、力士が引退して新たに部屋を興すためには

・横綱・大関経験者である
・三役(関脇・小結)通算25場所以上
・幕内通算60場所以上

のどれかの実績を、現役時代に満たしていることが必要となります。

また既存の部屋を継ぐ場合にも

・幕内通算在位12場所以上
・十両以上の通算在位20場所以上

部屋付きの親方になるだけでも

・小結以上
・幕内通算在位20場所以上
・十両以上の通算在位30場所

のいずれかの実績を残していることが求められます。

更に、1976(昭和51)年9月の理事会後からは

・日本国籍を持っていること

という条件が加わりました。

このため、外国出身の力士が親方として協会に残るためには日本国籍を取得することが必須条件となりました。

「大横綱」と呼ばれる白鵬とて、これは例外ではありません。

2ページ目 親方となった外国人力士はこれまでに9人

 

RELATED 関連する記事