手洗いをしっかりしよう!Japaaan

J・F・ケネディも尊敬したお殿様「上杉鷹山」が老婆の農作業を手伝ったほっこりエピソード

J・F・ケネディも尊敬したお殿様「上杉鷹山」が老婆の農作業を手伝ったほっこりエピソード

老婆の農作業を手伝うお殿様

手紙が書かれたのは安永6年12月6日(1778年1月4日)。それによると、ある日、ヒデヨが、干した稲束の取り入れている作業中に夕立が降りそうになり、手が足りず困っていたそうです。ところが、そのとき偶然通りかかった2人の武士が手伝ってくれたおかげで作業が予定通りに終わったそうです。

当時、遠山村では、取り入れの手伝いには、お礼として刈り上げ餅(新米でついた餅)を配るのが慣例だったため、ヒデヨが餅を持ってお礼に伺いたいと武士達にいったところ、殿様屋敷(米沢城)の北門に(門番に話を通しておくから)といわれたそうです。

そこで、ヒデヨがお礼の福田餅(丸鏡餅ときな粉餅の両説あり)を33個持って伺ってみると、通された先にいたのは藩主鷹山だったそうです。取り入れ作業を手伝ってくれたのが、お侍どころかお殿様であったので、ヒデヨは腰が抜けるばかりにびっくりしたそうです。鷹山は、ヒデヨの勤勉さを褒めたたえ、褒美に銀5枚を授けたそうです。

手紙は、その御恩を忘れず記念とするために、家族や孫たちに特製の足袋を贈ることにした旨が書かれています。

困った庶民の目の前で、お忍びの殿様が庶民を手助けする話はよく語られますが、このようにお忍びの殿様が実際に庶民の手助けをした確かな証拠は、他に残されていません。

手紙原文

一トフデ申シ上ゲマイラセ候アレカラオトサタナク候アイダ
タツシヤデカセキオルモノトオモイオリ候
オラエモタッシャデオルアンシンナサレタク候
アキエネノザンギリボシシマイユーダチガキソウデキヲモンデイタラ
ニタリノオサムライトリカカツテオテツダイウケテ
カエリニカリアゲモチアゲモウスドコヘオトドケスルカトキイタラ
オカミヤシキキタノゴモンカライウテオクトノコト
ソレデフクデモチ三十三マルメテモツテユキ候トコロ
オサムライドコロカオトノサマデアッタノデコシガヌケルバカリデタマゲハテ申シ候
ソシテゴホウビニギン五マイヲイタタキ候
ソレデカナイヂウトマゴコノコラズニタビくレヤリ候
オマイノコマツノニモヤルカラオトノサマヨリハイヨーモノトシテダイシニハカセラレベク候
ソシテマメニソタテラルベククレグレモネガイアゲ候
十二かつ六か
トウベイ
ヒデヨ
おかのどの
ナホ申シアケ候マツノアシニアワヌトキワダイジニシマイオカルベク候
イサイショガツニオイデノトキハナスベク候

 

 

参考:Weblio 上杉治憲_老婆の手紙

宮坂考古館

 

 

RELATED 関連する記事