ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

愛するペットをいつも側に感じられる超省スペースなお墓「ミニお墓」

愛するペットをいつも側に感じられる超省スペースなお墓「ミニお墓」

愛するペットをいつも側に感じられる「ミニお墓」がクラウドファンディングのCAMPFIREでプロジェクトを公開しています。

「ミニお墓」は、本棚や収納棚など僅かな場所があれば設置可能な超省スペースなお墓。主に、家族の一員として愛したペットの手元供養として作られています。

素材は本物のお墓と同様の黒御影石で、本格的に石工が一つづつ丁寧に作りあげています。さらにレーザー彫刻によって名入れ・写真入れもできるのです。お鈴と鈴棒、造花も標準で装備されています。

ペットのための手元供養セットが現在も無いわけではありませんが、このような一般的なお墓と同様のスタイルで供養できるセットは珍しいのではないでしょうか。

さらに「ミニお墓」には2種類の収納ケースが付属していて、ペットとの思い出の品々や遺骨の一部、遺品などを収めておあくことができます。芝台(下台)は付属のスタンドでメモリアルプレートにすることも可能。

収納ケースやお鈴をはじめとしていろいろな付属品がついてくるので、バリエーション豊かな飾り方ができそうですね。実際のお墓になかなか足を運べない家庭も「ミニお墓」でいつでも家族をいつでも近くに感じられるのではないでしょうか。

愛するペットをいつも側に感じられる「ミニお墓」は現在クラウドファンディングCAMPFIREで支援を募っています。

 

ミニお墓

 

RELATED 関連する記事