着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

カッコ良すぎる和服パーカも続々登場!男の着物ブランド「和次元・滴や」2019年春コレクション発表

カッコ良すぎる和服パーカも続々登場!男の着物ブランド「和次元・滴や」2019年春コレクション発表

男の着物ブランド「和次元・滴や」から、2019年の春コレクション『「FOUR SEASONS ~滴や 装い拓き~」2019 SPRING COLLECTION』が発表されました。

今回のコレクションは、紙子(かみこ)を主軸として、紙布・本革・ 麻・絹などに大胆かつ贅沢な加工を施し、希少な素材を仕立てた、滴やの最上位レーベル「浮世しのぎ」がメインのコレクションとなっています。

紙子とは和紙で作られた衣類で、原料の和紙にコンニャク糊や藍・ベンガラ・黄土・松煙・柿渋などを用い、強度と防水性を高めているのだとか。古くは平安中期から着用され、丈夫で軽く、風流な風合いから武士や俳人等に好まれていた衣類なんだそうです。

全体的に素材の魅力を最大限発揮して、飽きのこない渋めのデザインが特徴なので、長く楽しめるのではないでしょうか。

それでは、和次元・滴やの2019 SPRING COLLECTIONを見ていきましょう!

仁王柄×USED加工×麻の小袖

背中に大きく仁王の柄を入れた麻の小袖。左胸にも仁王の柄を配置し、それぞれの仁王は 阿と吽で、対の柄になっています。袴の素材は、紋織りジャカードのデニムで、白地にグレーで千鳥格子柄が織り上げられています。

蜘蛛の巣柄×USED加工×麻の小袖

背中に 大きく蜘蛛の巣の柄を広げた麻の小袖。 左胸は 蜘蛛が下りている様子の柄になっている。 この麻の素材も、柄入れ前に USED加工を施しています。袴のカモフラ模様 は紋織りジャカードのデニムを藍染めしたもので、程よいグラデーションに仕上がっています。

蜘蛛の巣柄×墨黒×麻の小袖

背中に 大きく蜘蛛の巣の柄を広げた麻の小袖。 この小袖の素材は、縦にストライプの織紋様が走る麻を、墨黒に染めたたもの。 そこに、蜘蛛の巣柄をガンメタで染めています。

2ページ目 銀ラメ・ハラコの陣パーカ etc...

 

RELATED 関連する記事