歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

擬態的な同性愛という奇妙な風習。遊郭や大奥など「女の園」にあった類似点とは?

擬態的な同性愛という奇妙な風習。遊郭や大奥など「女の園」にあった類似点とは?

@
2018/10/17

江戸の「女の園」

「女の園」と聞いて、あなたならどんなイメージを抱きますか?筆者の周囲にいた男性の中には「選りすぐりの美女がいっぱい」「ハーレム♪」と妄想全開になっていた人もいました。

床入りも結構大変な江戸時代の大奥の「夜のお作法」。将軍のハーレムとはいかなかった

将軍ならいつでも大奥はハーレム!…とはいかなかった大奥とは、江戸城内の将軍の正室や側室、それに仕える御殿女中たち、更に将軍家の子女たちが生活をしていた、いわば「将軍のプライベート空間」と言うべき区…

さて、江戸時代の「女の園」といえば「吉原」に代表される遊郭、将軍の御台所(正室)や側室たちの暮らした大奥、そして天皇の后や側室と彼女たちに仕える女官たちの暮らした宮中などがありました。

吉原の遊女(明治時代)/Wikipedia

華やかな面が多くクローズアップされるこれらの場所には、男の妄想も一気に吹き飛ぶかもしれないような真実がありました。

男子禁制!その結果起こるのは…

江戸時代の「女の園」に共通していたのは「男子禁制」ということでした。遊郭では遊女たちが雇い主にとっての「売り物」「投資の対象」でしたし、大奥や宮中は将軍や天皇の血筋を絶やさないための「血の保存」の場でした。

彼女たちの生活は、衣食住などの点では普通の女性たちの何倍も豪華で贅沢なものでした。
しかしその代償として、恋愛や結婚、子供を産み育てること、健全な性生活などの「普通の女性」としての生き方は、全て剥奪されていたのです。

こういった環境で起こりがちなのが「同性愛」であることは、戦国武将や僧侶などの場合と変わりません。実際に吉原などの遊郭では同性愛は決して少なくはありませんでしたし、宮中や大奥でも同様でした。

2ページ目 「擬態的な同性愛」という奇妙な風習

 

RELATED 関連する記事