ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「船の帰りを待つおばあさんが着てたカーディガン」をイメージしたというユニークなウェアが登場!

「船の帰りを待つおばあさんが着てたカーディガン」をイメージしたというユニークなウェアが登場!

2014年に登場したニットウェアブランド「YASHIKI」。YASHIKIから登場するニットウェアは、棚田に降り積もる雪や日本の冬の海に見られる白波、海岸に広がる岩場など、日本の原風景をモチーフにしたデザインが特徴で、シンプルな中にもこだわりが詰まったアイテムが魅力的。

そんなYASHIKIから、「船の帰りを港で待つおばあさんが着ていたカーディガンをイメージ」したというなんともユニークなカーディガン「Nitibo Hanten Cardigan」が登場しています。

このアイテムは袢纏をカーディガン風にアレンジしたYASHIKI十八番の和洋ミックスデザインで、全体の凹凸は網を表しているそうです。

さらにこのカーディガンにはさまざまな日本文化のオマージュ的要素が含まれていて、着用時に肩が落ちて柔らかな印象になるシルエットは着物のパターンをオマージュして仕上げられていて、肩には家紋をイメージしたブランドアイコンの矢絣柄が入るそうです。

3サイズ展開で、カラーはMUSTARD、BROWN、BLACKの3種類。コーデュロイの様にふっくらとした印象が出るモール糸を使用していて、見た目的にもとっても着心地の良さそうな優しい印象が感じられます。

カラーリングもこれからのシーズンにピッタリで、ジェンダーレスで着られるデザイン。シンプルなカーディガンは1着あるといろんなスタイリングに応用できるから、重宝しそうですね。

 

YASHIKI

 

RELATED 関連する記事