グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

よく書ける…いや、掛ける!超ロングセラー「マジックインキ」がなんとふりかけになって登場

よく書ける…いや、掛ける!超ロングセラー「マジックインキ」がなんとふりかけになって登場

はてな?マークが印象的なロングセラー商品「マジックインキ」。1953年に発売され現在ではフェルトペンの代表的な商品の一つになっています。油性マーカーのことを日本では”マジック”と呼びますが、このマジックという言葉はマジックインキからとられた言葉です。

そんなマジックインキ、なんと”ふりかけ”になっちゃいました!こちらが「マジックふりかけ」です。

まんまじゃないか(笑

この「マジックふりかけ」は、”どんなものにもよく書ける”ならぬ、”どんなものにもよく掛ける”として新登場した商品で、見た目もマジックインキそっくりに作られた、携帯性に優れたペン型ふりかけなのです。

しかもバリエーションが豊富なんです。今回は第一弾として関西シリーズが登場。

大阪限定:たこやき、大阪限定:串カツ、神戸限定:カレー、神戸限定:餃子、和歌山限定:梅干し、京都限定:桜、京都限定:七味唐辛子、滋賀限定:しじみしぐれ煮、淡路島限定:ローストオニオン

ちなみに中身のふりかけは補充可能です。

串カツ、餃子、たこやきなど、ふりかけとしてみてもかなりユニークな味わいがラインナップされていますね。全9種となっています。今後は関西以外のご当地、水族館等の施設限定「マジックふりかけ」シリーズを発売予定なんだとか。

ペン型のゆかりが発売されたときには、携帯性に優れ、ちょいがけに適しているとして大人気商品となりましたが、「マジックふりかけ」も、見た目のユニークさに加えて使い勝手も良さそうなので、人気が出そうな予感。

マジックふりかけは関西の土産店舗・バラエティショップ等で発売中。価格は各680円(税抜)となっています。

 

マジックふりかけ

 

RELATED 関連する記事