日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

おもしろ確定だこれ!春画と妖怪画というユニークな組み合わせの展覧会『描かれた「わらい」と「こわい」展 』

おもしろ確定だこれ!春画と妖怪画というユニークな組み合わせの展覧会『描かれた「わらい」と「こわい」展 』

展示される作品には、以前Japaaanで紹介した、浮世絵師・鈴木春信の傑作春画「風流艶色真似ゑもん」の続編にあたる「俳諧女夫まねへもん」が、今回初公開されることになっています。

この作品は、鈴木春信の弟子である磯田湖龍斎(いそだこりゅうさい)が手がけた作品で、今回公開される2点は研究書にも図版が掲載されたことがない貴重な作品となります。

他にも、性器を顔にかたどった妖怪や幽霊が描かれた、今回が初公開となる肉筆画巻「妖怪春画絵巻」も展示されることになっています。

妖怪画と春画という、江戸庶民の暮らしに寄り添い育まれてきた文化にスポットを当てた展覧会『描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ─』。なかなか面白いことになりそうです♪

描かれた「わらい」と「こわい」展─春画・妖怪画の世界─

  • 会  期 : 2018年10月16日(火)~12月9日(日)※展示替有り・再入場不可
  • 会期詳細:1期:10月16日(火)~10月28日(日)、2期:10月30日(火)~11月11日(日) 、3期:11月13日(火)~11月25日(日)、4期:11月27日(火)~12月9日(日)
  • 場  所:細見美術館
  • 開館時間 : 午前10時~午後6時 (毎週土曜日は午後8時まで)※入館は閉館の60分前まで
  • 休 館 日 : 月曜日
  • 入 館 料 : 1,500円(1,400円)※( )内は20名以上の団体料金※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待 (一般:1,500円→1,400円)
  • 18歳未満は入館不可
 

京都 細見美術館

 

RELATED 関連する記事