歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

さまざまな歌集にも入集。武士「平忠度」は風流を愛し、和歌を愛する文化人でもあった

さまざまな歌集にも入集。武士「平忠度」は風流を愛し、和歌を愛する文化人でもあった

「千載和歌集」へ入集

そののち、俊成は「千載集」の選者として忠度の和歌を一首選んでいます。忠度が持ってきた巻物の中には他にたくさん勅撰集に入れてもいい和歌があったといいますが、忠度は勅勘を被った人物です。俊成は作者の名を明らかにはせず、「読人知らず」として和歌をいれました。

その歌は、「故郷花」という題で詠まれた

さざなみや志賀の都はあれにしをむかしながらの山ざくらかな

「平家物語」(校注・訳:市古貞次「新編日本古典文学全集」/小学館より)

という歌でした。

その後いくつかの勅撰集に忠度の和歌が入集

「千載集」に和歌がとられたのは、決して俊成が忠度に同情したから、というだけではありません。忠度は確かに和歌の才能がある人だったのです。「千載集」以降も十首以上の和歌が勅撰集に入集しているのです。

 

RELATED 関連する記事