雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ビールを注ぐと雲海出現?逆さ富士も楽しめる本錫製ビールグラス「泡雲-AWAKUMO」

ビールを注ぐと雲海出現?逆さ富士も楽しめる本錫製ビールグラス「泡雲-AWAKUMO」

ここ数日の暑さやサッカー日本代表の活躍もあって、最近ビールの消費が上がっているみたいですが、お家でビールを呑む時はどんなグラスを使ってますか?

機能性に優れたものやデザインが美しいものなど、ビールグラスにはいろいろありますが、今回紹介する「本錫製ビールグラス 泡雲-AWAKUMO」は、ビールを注ぐと雲海に浮かぶ富士山の風景が現れるグラスなんです。

ビールをグラスいっぱいに注ぐと、ビールの泡を雲海に見立てて富士山が浮かんでいるように見えるんですね。ホンモノの雲海はさまざまな条件が揃わないと観ることができませんが、こちらの雲海は呑めば呑むだけ雲海が目の前に現れるステキなグラスです。

さらに本錫製というのもなかなかステキなポイント。錫製のグラスは熱伝導率に優れているから、冷蔵庫であらかじめ冷やしておけば注ぐだけですぐに冷たいビールが飲めるし、イオン効果が高く、お酒やビールの味をまろやかにするとも言われています。

この「泡雲-AWAKUMO」は雲海に浮く富士山が現れるだけではなく、日本酒などの透明な飲み物を注げば逆さ富士も楽しむこともできるんです。逆さ富士が現れるものにはお猪口と盃も用意されているので、日本酒好きさんはこちらもおすすめ。

お猪口バージョン

縁起の良い富士山がモチーフになっているから、お祝いの席などにも使えますね。サッカー日本代表の活躍を「泡雲-AWAKUMO」で酒を交わしながら応援し、祝杯をあげてみませんか?

 
 

RELATED 関連する記事