歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まさに奇祭な強飯式?新しくって面白い江戸時代のお正月の風景パート2

まさに奇祭な強飯式?新しくって面白い江戸時代のお正月の風景パート2

前回の「新しくって面白い江戸時代のお正月の風景」に引き続き、今回も一風変わったお江戸の正月の風景をご紹介します。

こいつぁ春から縁起がええ!新しくって面白い江戸時代のお正月の風景

お江戸という時代も今は昔、想像するより他なくなってしまったその風景。お正月はどんな風に過ごしていたのか気になりませんか。今回はそんな花のお江戸のお正月をちょいと覗いてみましょう。お年玉は扇江戸…

愛宕山の強飯式(ごうはんしき)

火伏せで有名な愛宕神社では、正月の3日に変わった儀式を行いました。その名も強飯式(ごうはんしき)。
麻裃に、長い太刀、頭に橙や昆布、シダの葉などを飾ったザルをかぶり、手にはスリコギと巨大しゃもじを持ったヘンテコな格好をした「毘沙門の使い」が儀式の主役です。

楊洲周延「時代かゞみ 天保の頃(部分)」国立国会図書館蔵

実はこの人物、愛宕神社の女坂の上にあった「あたごや」という水茶屋の主人です。強飯式の流れは、この毘沙門の使いが若い衆を率いて愛宕神社の男坂のキツイ石段を登り、本殿から男坂を下り、円福寺に入ります。


松濤軒斎藤長秋[他]「江戸名所図会 7巻」国立国会図書館蔵

円福寺の中はこんな様子。一般客もやんやと盛り上がる中、僧侶の前には茶碗に山盛りのご飯が並びます。毘沙門の使いは大しゃもじをドンドンドンと突き、自分が毘沙門の使いである事を述べた後、「飲みやれ飲みやれ!云々」と命じ、僧たちはそれに従って山盛りのご飯を食べました。まさに奇祭です。

2ページ目 江戸時代の門松は今よりバリエーションか豊か

 

RELATED 関連する記事