和菓子 - グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ラムネ菓子と間違えた記憶ない?お供え物でおなじみ「落雁」をおいしく食べる方法とは?

ラムネ菓子と間違えた記憶ない?お供え物でおなじみ「落雁」をおいしく食べる方法とは?

こだわりの落雁は、実はおいしいんです!

この強烈(?)な体験から、筆者は落雁に対し苦手意識を持つようになりました。似たような体験をしたことがある方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

実は「お供え物用」として売られている落雁は、本当に「飾り物」として作られていることが多いとのこと。つまり「おいしく食べる」ということはあまり想定されず、物にもよりますが原料などにもこだわりなく作られていることがほとんどなのです。

一方で、例えば「鳩サブレー」で有名な「豊島屋」の鳩型の落雁「小鳩豆楽」は、原材料に豆粉と和三盆、きな粉などを使用し、香ばしく上品な風味が特徴です。

このようにこだわって作られた落雁は、実はそのままおやつとしてもおいしく食べられるんですよ!

落雁のおいしい食べ方って?

「それでも落雁が苦手」「甘い落雁だけを延々と食べ続けるのは少々キツい・・・」という方は、抹茶、ブラックコーヒーなど、苦い飲み物を飲みながら食べるのはいかがでしょうか?抹茶やブラックコーヒーの苦みが、落雁の甘さを中和してくれるので、味のバランスが取れて食べやすくなります。

お茶席でのお菓子に落雁がよく出される理由も、こうしてみると分かりますね。

 

RELATED 関連する記事